排水管の水漏れがおきてくる原因の認識

排水管からの水漏れは、さまざまな要因があります。問題が起きる前に、なにが原因となってくるのかを知ることができれば、対策も打つことができるようになるでしょう。見逃さないようにしていくことによって、大きな損害につながるようなことも減らせますし、出費にもつながらないようにできます。何よりも、生活環境を守っていくことができるのですから、水漏れがなにで起きるのかを考えておかなければいけません。

■時間が経つと必ず発生する経年劣化

水漏れを起こすことで最も可能性が高いのは、排水管の劣化です。どんな配管も経年劣化にはかないません。必ず時間とともに変質していくことになるため、放置しておくといつかは水漏れを起こすようになっていきます。経年劣化は自然現象でもありますが、内部の汚れが付着していくことで加速度的に早まっていくのが重要です。キッチンであれば、油汚れなどがたまりやすくなりますし、バスルームなら人間の汚れなどが問題です。そのため定期的に洗浄をしていくことによって、配管を劣化から守っていくことができるようになります。ただし、頻繁にやりすぎたり、濃度を間違えたりすれば、逆に配管を傷つけることになるため注意しなければいけません。

■破損してしまうような強い力

経年劣化よりも突然訪れるのは破損です。排水管を含め配管は、内部からの圧力は真円になっている形状が分散していきます。しかし、外部から強い力を受けることには強くありません。地震などでずれが生じると、そのまま破損してしまい、水漏れを起こすことが出てきます。これは見える配管だけではありません。埋設している排水管でも起きる可能性があり、水漏れが発生すると、大きな工事で対応しなければいけなくなります。簡単な対応ではなくなってくるため、十分に注意が必要になりますが、対策としては難しい部分がありますが、大きな地震があったときには、周辺を点検してみて、水漏れが発生していないかどうかをチェックするといったことが重要でしょう。

■まとめ
経年劣化が生じると、他の場所でも同様の問題が発生してくることになります。修理をするとしても、連鎖してくる可能性があるため、ある程度広範囲での対応も考えておかなければいけません。一緒に交換することなどを考えれば、工事費の節約にもつながってきます。原因の中には避けられないものも存在はしますが、問題をはっきりと認識しながら対応を進めていく必要があるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ